FC2ブログ

PCを組み立てました

前回はPC新調に先立ってビデオカードの交換を行いました。
今回はいよいよPC本体のパーツを交換していきます!
(実際には先月に組み立てていました。)

7/17に残りのパーツが届き、その日のうちに組み立てを行いました。

パーツセット

届いたパーツがこれ。この時点でテンション爆上げですよ。

中身を確認します。

〇CPU

CPU

・Ryzen 7 2700X
8コア/16スレッド
定格3.7GHz ブーストクロック4.3GHz

〇RAM

メモリ

・CFD 8GB×2

〇ストレージ

M.2 SSD

・Crucial M.2 SSD 500GB

〇マザーボード

マザーボード1

・ASUS ROG STRIX X470-F GAMING

〇OS
Windows10 Home (※写真なし)

ここで ん?と気づいた方は鋭いですが

購入は2019年7月17日。

つまりRyzenの新世代、3000シリーズの発売直後です。

PC自作界隈では遂にAMDがintelに追いついたとか追い越したとか騒がれている3000シリーズを差し置いて、どうして2700Xを買ったのかというと、
見積が6月末だったからです。(3000シリーズは2019年7月7日発売)

そして恐らくこのタイミングのため、本来買う予定だったマザーボードが在庫切れ&生産終了で手に入りませんでした(これは同じ値段でグレード一つ上の物に変更されたため得でしたが)。

つまり、最新世代を買ったと思ったら届くころには旧世代になっていたという状態。人によっては悲劇です。
情報弱者って言葉はあまり好きじゃないですが今のdsさんにはピッタリのワードでした。

といっても、Sandy Bridgeに比べたら2000シリーズだろうがオーバースペックなのは変わりないので気にせず組み立てに取り掛かります。

CPU2

CPU開封。最近のintelはCPUクーラーの付属を止めたそうですが、AMDのCPUは大きくてよく冷えるクーラーが付属しています。
それで同程度のスペックのintel製CPUより値段安いんだから頑張ってますよね。

マザーボードを取り出します。
マザーボード2

取り出したと思ったらCPUも装着済みでした。
装着前に写真撮るのも我慢できなかったようです。

組み立て1

CPUクーラーを取り付け。
マザーに取り付け用のパーツがついているので、ツメを合わせて取り付けるだけ。
グリスはあらかじめクーラーに塗ってありました。親切です。

組み立て2

メモリを装着。
このマザーはメモリのロックが片側にしかありません。
片側ロックのメモリは取り付けが難しいらしいです。
ロックにはメモリーがしっかり差さっているかどうかの確認という意味もあるので、それが半分だと不安ですよね。

組み立て3

M.2 SSDです。
今回はこれをシステム兼ストレージ領域として使用します。
SSDで十分革新的だったのに、ストレージがメモリより小さくなるとはね。

組み立て4

マザーボードのヒートシンクを外して取り付けます。
このマザー、ヒートシンクや基盤によくわからん単語が印刷してあってくっそダサいです。
ハンギャクじゃねーよ。

組み立て5

SSDの穴位置にスペーサーを取り付け、その上にねじ止め。

ここのネジが小さく、ドライバー一つしか持っていなくて回せないと焦ったんですが、自転車の整備用に買ったレンチセットに小さい+ドライバーが付属していたので助かりました。

そして後は電源コードを配線して完成!(雑)

因みに、以前使っていたAsrockのマザーには電源スイッチがあったので仮組段階で動作確認が出来ましたが、
ASUSのマザーにはスタートボタンがなくケースの配線をつなぐ必要があり、一発目でケース内に投入しての動作確認でした。

幸いにも問題はなくwindowsをインストールしてPCの自作は完了。
完成1
完成2

配線がとても目立って汚いですが、LEDは綺麗です。

今回初めてintel製CPUからAMDに乗り換えましたが、規格が違うだけで違和感等は何も感じませんでした。
まぁ違和感あったら敷居が高くなっていたんでしょうが、同じスペックでintel製のCPUを使おうとすると費用が1.5倍くらいに増えた気がします。その観点からはAMDにして良かったと思っています。

これだけ新しいPCに替えたのだから、新しい負荷の高いゲームでも遊んでみたいですね。

次回は出来るだけ早く記事書けるように気を付けます。
スポンサーサイト



ビデオカードを買いました

2020年1月にWindows7のサポート終了が予告されています。
自分のPCは7のままなので、引き続きネットを使い続けるにはアップデートは必須。
といってもPC自体が大学2年の時に自作した(時々パーツを足してはいるが)ものなので、

CPU:core i5 2500 (旧い遅い)
RAM:DDR3 8GB(旧い少ない)
ストレージ:SSD 128GB(少ない)
ビデオカード:Radeon HD 6670 (旧い弱い)

と全体的に時代遅れ感のある構成。
問題としてはドット絵のブラウザゲームを配信するだけでも処理が追いつかない程でしたので、OSをアップグレードするだけではなくいっそPC全体の構成も見直してはどうか?という考えに至りました。

そうと決まればパーツ探し。丁度近くに個人経営のPCショップがあったので行ってみる。
店員に話を聞いてみると、特にビデオカードが弱いのでこれを強化すれば他はそのままでもいけるとのこと。

しかしネットの知り合いにセカンドオピニオンを取ってみると、ドット絵のゲームだしビデオカードよりはCPUとメモリの不足による処理落ちでは?と別意見。

迷った末、まずビデオカードを交換して、症状の改善が見られるかどうかを確認してから後のパーツを買うかどうか決めることに。

というわけで、まずビデオカードを買ってきました。
店員の話ではGTX1660相当のカードということでした。
そして届いたのがこれ。
箱
Radeon RX 590
かなり最近発売されたモデルのミドルクラス最上位種だそうです。
開封
RX590a
RX590c
RX590b
RX590d

めっちゃ格好いい(語彙力低下)。
凄く冷却しそうなファン2枚に
凄く放熱しそうなヒートシンク、
そして凄く電力を喰いそうな見た目。

今まで使っていたRadeon HD 6670と比べると大きさも段違いです。
RadeonHD6670
乗せているのは同じ箱。

当然取り付けた時の外観も…
mother1

これが

mother2

こうじゃ!

デカイ!重い!狭い!
マザーボードの補助電力のケーブルを外さないとビデオカードを挿せないという大きさ。
電源ケーブルの束が結構ケースとカードの隙間に押しやられています。

そんなこんなでカードを差し換え、いざ起動!

あれ、映らない…

慌てて原因を調べる。
・ビデオカード、または端子がしっかり挿されていない
→しっかり挿されている。でも映らない。
・旧いビデオカードのドライバが入ったままだと映らない
→忘れてたので削除して試した。でも映らない。
・電力が足りていない
→補助電源でファンは回っているしLEDも点いている。でも映らない。

一通り試して、翌日ショップにも持って行きましたが原因は不明。
このままでは他のパーツを買うまでただの置物になってしまうし、何より環境の改善が確認できない。
うーん…

と改めて似た症状を解決した人がいないかどうかを調べていくと、
・マザーボードのBIOSが古いため新しいビデオカードを認識できない
というケースがあるとわかりました。

mother3
mother4
これがマザーボードに標準インストールされているBIOSの種類。

自分のマザーボードは2011年の秋に買ったものなので、現在の最新機種を想定して作ってあるとは到底思えません。
Asrockのページに飛んで探すと、2013年に更新されていました。

これをインストールして再度試すと映った!やったー!

そして肝心のゲームですが、前よりも軽くなり配信でも処理落ちが起きていない!
どうやら前のビデオカードの描写能力が限界で、一部をCPUが肩代わりしていたようです。
それがビデオカードで全部賄えるようになり、CPU側に余裕が生まれたものと考えられます。

そして最新のビデオカード。今までにはなかった便利機能が満載。

①インスタントリプレイ
・PC画面をワンタッチでキャプチャ録画できる機能。録画自体は常時行っているため、キーを押すだけで過去数分(自分で設定)の画面を録画して保存してくれる。偶然上手くいったゲームのリプレイを撮りたいとき等に有効。
でもこれ悪用したら配信サイトの動画とか録画できちゃいそう。

②ハードウェアエンコード
・動画のエンコードは基本CPUが行うように設定しているが、それをビデオカードにさせるのがハードウェアエンコード。
もともと画像を出力するのがビデオカードの機能だから、これはまさに適材適所で目から鱗。
機能自体は昔からあったのかもしれないけど、前のビデオカードにそんなことさせたら死ぬ程時間喰ってたと思う。

更にこの機能を使っても全然余裕ということを示すかのように、ビデオカードのセッティングソフトの機能には配信サイトで配信する機能も含まれている。凄い。
但しニコニコ生放送はマイナーすぎるのか存在しなかった。悲しい。

新しいビデオカードだけで大分面食らっていますが、これからCPU、マザーボード、メモリ、ストレージを替えていく予定です。
これが完了したら全く別のPCに変わると思います。楽しみです。

あと今回の作業でよくわかったこと。
山用ヘッドランプがあるとPCケース内の作業は非常に楽。
ヘッドランプ

PCの中身を弄る時はヘッドランプ推奨です。

ではまた。

続きを読む

ゲームの話

やっぱり間が空きました()

去年の宝塚記念は応援していた馬と騎手が勝ったので記事にしたかったですが、後でやろうやろうと思っていたらいつの間にか冬を迎えていましたね。

今回は競馬ではなくゲームの話です。

1人暮らしを始めた頃に、友人からとあるゲームのお誘いを受けました。
それが千年戦争アイギスというゲーム

今世に蔓延るソシャゲのような『基本プレイ無料』を謳うゲームですが、
その実態は課金コンテンツが豊富に揃う魔窟というべきものです。よくあることですね。

自分も初めて半年は無課金で頑張りましたが、課金しないとキャラの育成が追いつかねぇ、ということになって
そこから毎月1万を1年間続けました。
しかしその辺りで大体のステージをクリアできるようになったので、そこから無課金に逆戻り。
総額13万円と、ゲームでは中々の額面になりましたが周囲ではこれ以上に課金している人ばかりなので
ここで留まれて良かったなと思っています。

そんなこんなで無課金が2年半続いていますが、その間に最高難度ミッションというものをいくつかクリアしていました。
ミッションをやるにも自然回復するカリスマ、スタミナを消費するので事前に情報収集することが重要なゲームなので、
クリアしたら1つの参考例にと思って動画をアップロードしていました。

主にニコニコ動画の方に出していますが、最近はyoutubeでのアップロードも行っています。



こんな感じにです。
クリア直後の達成感に浸っている間に作るので少々自分に酔っているようなところもありますが、
これは割と嫌いじゃないです。ホームランコンテストで記録更新したらリプレイ録画して投稿するようなもんです。

とりあえずは最近そんな感じで遊んでいますよというお知らせでした。

第85回日本ダービー

前回の記事から案の定書かなくなって早くも10ヶ月経ちました。

昆虫飼育の近況は、
・レイディが蛹化、一部が羽化しました。羽化ずれも無く累代は可能そう。
・クメノコが羽化して動き始めました。ぼちぼち産卵セットを組む。また黒い個体、赤い個体同士を交配させて系統の確立を目指す。
・大学の後輩にヤエマルを貰いました。大歯型を作れるよう頑張る。
こんなとこです。

ブラウザを立ち上げると自分のブログが出るよう設定しているので、毎回見る度に何か書くことがないか一応考えてはいたのですが、最近一つ思いつきました。
それは競馬の話。うちも普通の会社ですから社員がギャンブルをすることには当然前向きではないので、自分もそんなには書きません。まぁ僕は一応馬券を買わずスポーツとして見ていたい派ですが・・・



5月27日は日本ダービーでした。
福永祐一騎手騎乗のワグネリアンが勝利。19回目の挑戦で悲願のダービージョッキー仲間入り。

ワグネリアンという馬名の由来はドイツの作曲家リヒャルト・ワーグナーの音楽に心酔している人々を指す言葉そのものから。
母親の馬名がミスアンコールなのでここからの連想でしょうか。

この馬を初めて見たのは三戦目の東京スポーツ杯2歳Sから。
最初は”あの”ブロードアピールの孫として、モーリスの弟ルーカスを撃破する堂々の活躍で早くからクラシック候補に名乗りを挙げていました。
この時点ではブラストワンピースもダノンプレミアムも注目が集まる前だったので、ダービーはこの馬か?と思っていました。

休養明けは今年3月の弥生賞から始動し、朝日杯FSを圧勝していたダノンプレミアムとの初対決。
先行するダノンプレミアムに対して後ろから追い込みをかけるワグネリアンの末脚が届くかどうか?というレースでした。
結果ダノンプレミアムが2馬身差で先着。ただワグネリアンもメンバー最速の末脚を見せていました。
この時点では皐月賞はダノンで決まり、ただ距離の伸びるダービーなら充分チャンスはあるはず。と思ってました。

そしてクラシック1戦目の皐月賞。ダノンプレミアムが回避し一番人気に支持される。
朝日杯でほぼ番付が済んだと思われるような馬に比べて、同じ舞台でダノンプレミアムに2馬身差と縋ったことが人気の理由だったと思いますが、どちらかというと消去法で選ばれたように感じていました。
少し失礼な物言いになりますが、アイトーン、ジェネラーレウーノなど、有力な逃げ、先行馬が揃った状況の中で、優等生騎乗ばかりしていた福永騎手が流れを見切ってワグネリアンを1着に持ってくるイメージがあまり出来ませんでした。
実際は自分が思っていた以上のハイペース勝負になり、外から回すも伸びずに7着敗退。
しかし、ダービーのことを考えたらここで厳しい競馬をしなかったことが逆に功を奏するのでは?と思いました。
馬場を考えると大逃げのアイトーンに着いていき、3着に粘ったジェネラーレウーノなんかはゴール後口を開けて明らかに疲れていたので、ダービーまでに回復するのかどうか、そこが気になっていたからです。
ただし、この辺で同時にブロードアピールが大成したのは旧7歳頃という晩成型の馬だったことを思い出し、面子が揃った今年のクラシックは少しきついのでは?とも思っていました。

迎えた日本ダービー。案の定前走の敗戦が影響し5番人気まで落ち、さらに大外の17番枠となる。
皐月賞を回避したダノンプレミアムが1番人気、体質が弱く毎日杯から直行したブラストワンピースが2番人気。
どちらも順調とは言えませんが出走したレースのパフォーマンスを見れば納得の人気順だったかと思います。
馬場は同日の条件戦で2400m2分22秒台が出る超高速馬場。となれば1コーナーで内枠のダノンプレミアムが先行して主導権を握り、前残りでそのままゴールする姿が容易に想像できる。食らいつけるのはブラストワンピースくらいか?という予想でした。
ただ、やっぱり一番勝ってほしい馬というのはワグネリアンのままでレースを見ていました。

本番のレースがスタート、予想通り先行するダノンプレミアムとブラストワンピース。しかしそれにワグネリアンが大外から着いていく。後ろに控えたらいつもの着確保の騎乗が精一杯だと思っていたので、福永さん今日はやる気だな。
向こう正面でブラストワンピースを前に行かせ、後ろで控える。追い込み型の馬だから有力馬を前に見る展開の方が向いているのかな。
3,4コーナーから少しずつ前に押し上げ、丁度ダノンプレミアムとブラストワンピースを内に見るような形で直線に。
自分はフジテレビの実況でここを上からのアングルで見ていましたが、これは!?とここで思いました。
ダノンプレミアムとブラストワンピースの前にはエポカドーロとコズミックフォースがいて、ワグネリアンが外の蓋になっている状態。
漠然と言うなら一番勝ちそうな場所にいるのがワグネリアンでした。
やはりダノンプレミアムはエポカドーロの外から抜こうとするもコズミックフォースに蓋をされて動けない。
ブラストワンピースもワグネリアンの外に出して追い込むが、その分のロスを埋めるに至らない。
そして前で粘るエポカドーロとコズミックフォースを渾身の追い込みで半馬身交わしたワグネリアンが1着でゴール!
福永祐一のガッツポーズ!僕も思わずテレビの前でガッツポーズ!

ゴール後、ダノンプレミアムの川田騎手が真っ先に駆け寄って福永騎手を祝福。
ウィニングラン中に何度も涙を拭う仕草を見せる福永騎手。
駆け寄った厩務員も地下馬道で何度も涙を拭っている。二人とも。
検量室前で福永騎手と強く抱き合う関係者の方々。
本当に胸が熱くなる時間でした。

初めて騎乗したダービーでキングヘイローを暴走させ、そのトラウマから勝負を掛けた騎乗が出来ないと言われてきた福永騎手でしたが、今回のダービーでは
・追い込み脚質のワグネリアンを先行させて折り合う
・有力馬の外に付けて直線の攻防で有利に立つ
といった勝つための騎乗をしていました。直線でワグネリアンを追う姿からも勝ちたいという気持ちが伝わってきました。
これが勝利の一因となったことは間違いないでしょう。
勿論これに応えて優勝したワグネリアンの力も素晴らしい。

平成最後のダービーとなりましたが、それに相応しい熱いレースであったと思います。

福永騎手、そしてワグネリアン号。本当におめでとうございます!

半年ぶり

ちわ。

なんと半年間放り出してました。え?最近しょっちゅうだろって?そうですね。

今日久しぶりに大学の頃の友達と遊びまして、ブログの話になったんですね。
相手もブログやってて僕と同じようにほったらかしてたんですけど、大学では望めばすぐに顔を合わせられるくらいの距離でしたけど、こうして就職して距離が離れると互いの近況知る手段って限定されますよね。

Twitter頻繁に使ってるヒトはそれでいいんだろうけど、僕のアカウントは月一くらいでしょうもないこと言うだけですし。

生存確認程度にしかならなくても、ブログたまには書く意味もあるんじゃないかと思ってキーを叩き始めた次第です。

以前の投稿が2月ですが、この間全然更新出来なかった原因の一つはやっぱり仕事
自分の選んだ職なんですけど覚えることが多い!自宅で勉強しないとやってられない!

二つめは家事!仕事ある日でも自炊を頑張ろうとすると容赦なく時間が削れる!

あとは休日暇ができると家の片付けしたり家具を見に店に行ったりすることが増えましたね。家具はある程度揃えば時間はとられないでしょうが片付けと掃除はやってもやってもキリがないですね。

もう一つ仕事に関連してなんですが、うちの会社の方針でその日思ったこと、感じたことなんかをある程度の文字数にまとめて提出するんですよ。
それは社長が読むのであんまりいい加減な文章じゃいけないんですけど、社員全員分を社長が読んでいくつかピックアップして新聞を作るんです。こうして会社で起きたことをみんなで共有できるようになってるんですよね。

何が言いたいかというと、これ別途でブログ書く必要なくね?ってシステムなんです。

なので書く気が起きませんでした(おい

虫の近況なんかは会社に関係ないのでここで書いておきますか。

クメノコ:まだ続いてます。赤個体と黒い個体に分けて累代してます。20頭くらい。F7。

レイディ:まだ続いてます。2パターンの親から産ませて繋いでます。8頭。F6.

ヤマトサビ:後輩に貰ったんですがミイラになってました。4頭貰ったはずですが死骸を数えると6頭いました。

あと近所に昆虫専門店あったので行ってみましたが、取り扱ってるのは生体だけで飼育用品とかはなし。
もうみんなネットで注文するから置くのやめたそうです。まぁ月夜野便利だし仕方ないよね。
プロフィール

ds3898lik

Author:ds3898lik
流されやすい人間になってきました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード