スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半年ぶり

ちわ。

なんと半年間放り出してました。え?最近しょっちゅうだろって?そうですね。

今日久しぶりに大学の頃の友達と遊びまして、ブログの話になったんですね。
相手もブログやってて僕と同じようにほったらかしてたんですけど、大学では望めばすぐに顔を合わせられるくらいの距離でしたけど、こうして就職して距離が離れると互いの近況知る手段って限定されますよね。

Twitter頻繁に使ってるヒトはそれでいいんだろうけど、僕のアカウントは月一くらいでしょうもないこと言うだけですし。

生存確認程度にしかならなくても、ブログたまには書く意味もあるんじゃないかと思ってキーを叩き始めた次第です。

以前の投稿が2月ですが、この間全然更新出来なかった原因の一つはやっぱり仕事
自分の選んだ職なんですけど覚えることが多い!自宅で勉強しないとやってられない!

二つめは家事!仕事ある日でも自炊を頑張ろうとすると容赦なく時間が削れる!

あとは休日暇ができると家の片付けしたり家具を見に店に行ったりすることが増えましたね。家具はある程度揃えば時間はとられないでしょうが片付けと掃除はやってもやってもキリがないですね。

もう一つ仕事に関連してなんですが、うちの会社の方針でその日思ったこと、感じたことなんかをある程度の文字数にまとめて提出するんですよ。
それは社長が読むのであんまりいい加減な文章じゃいけないんですけど、社員全員分を社長が読んでいくつかピックアップして新聞を作るんです。こうして会社で起きたことをみんなで共有できるようになってるんですよね。

何が言いたいかというと、これ別途でブログ書く必要なくね?ってシステムなんです。

なので書く気が起きませんでした(おい

虫の近況なんかは会社に関係ないのでここで書いておきますか。

クメノコ:まだ続いてます。赤個体と黒い個体に分けて累代してます。20頭くらい。F7。

レイディ:まだ続いてます。2パターンの親から産ませて繋いでます。8頭。F6.

ヤマトサビ:後輩に貰ったんですがミイラになってました。4頭貰ったはずですが死骸を数えると6頭いました。

あと近所に昆虫専門店あったので行ってみましたが、取り扱ってるのは生体だけで飼育用品とかはなし。
もうみんなネットで注文するから置くのやめたそうです。まぁ月夜野便利だし仕方ないよね。
スポンサーサイト

大学院卒業

無事、修論発表が終わりました。

修論の提出も終わりました。学業でやることはもうありません。

・・・のですが、英語で書けば雑誌に投稿できるからやってよと教授に言われました。
もうちょっとだけ続くんじゃよ。

早いもので7年間。小学校よりも長く大学に在籍してました。
楽しい時間はあっという間に過ぎると言いますが、小学校の6年よりも短かったように思います。
逆に言えば小学校は臥薪嘗胆の時代でした。

パークゴルフサークルに入ったり、
バイトしたお金でパーツを買ってパソコンを組み立てたり、
バッタの飼い方を教わってみたり、
クロスカントリーを始めてみたり、
1人暮らしを始めたり、
スピード違反で免停になったり、
ロードレーサーに乗ってみたり、
留年したり、
入学した頃の自分と比べると経験したものの数が全然違いますね。
当時はサッカーと勉強とゲームくらいしかなかった自分の世界ですが、随分と開拓されました。
おかげで自分はこういう人間ですと言えるようになり、就職することができたのかなとも思います。

先日の送別会で、入学から7年間昆虫サークルで世話になった先輩に
『昔よりめっちゃ喋るようになったよね、自発的に。』
と言われたのが特に印象的でした。

後は別れを惜しんだのか後輩に
『留年してください!』
とか言われました。
いやいや、もう卒業要件満たしちゃったから。というか、既に一年留年してるから。

よく喋るようになったおかげで、慕ってくれる後輩も出来たのかなぁ。
大学に入って出来た縁は長続きするとどこかで聞きましたが、そうあって欲しいと思います。

来週は帯広に出向いて部屋探し、そして引っ越しの手続き(諸々)です。
今月中には準備を終わらせる必要があるのでまだ忙しい日は続きそう。

だから修論英文化は時間取れないと思うんですが教授・・・

昨年8月~12月

んじゃ、去年夏以降何やってたかざっくり整理しましょうか。

8月 実験

9月 実験&解剖

10月 解剖

11月 解剖

12月 論文・スライド作成

はぇ~っ。

書いたら思い出したけど、去年はあまりブログとか書いてる場合じゃなかったですね。

まぁ解剖が3ヶ月にも渡ってるのは、去年のサンプルに手をつけてなかった自分の責任なんだが。

勿論途中で9月に関東に遊びに行ったり、同期内定者の懇親会に出席してたり、息抜きはちゃんと入れてましたけどね。

ブログ書くのって、そう考えると息抜きにもなってない可能性がありますね。書かなきゃ!って思うあたり仕事に近いよね。

修論研究やってる間にもよくわかったけど、自分はノルマの決まってない仕事って本当に進まないです。

厳密には〆切があるんだけど、凄く遠くにあるって感じるとやる気が出ないのと同じかな。

でも夏休みの課題とかはある程度余裕持ってやってたのに。

そういえば、息抜きついでに自転車とかマラソンも走ってましたね。

8月 登山に付いていった帰りに、ニセコの五色温泉から札幌まで自転車で帰宅しました。

毛無峠!

全行程100km、峠二つ越え。5時間くらいかかったのかな?

運悪く快晴の日に当たって、ずっと東に向かって漕いでたせいで右半身だけ焼けましたね。


9月の10kmマラソンは44分。

10月のハーフマラソンは1時間50分。

10kmは久々に45分を切る好走。序盤から速い集団を追いかけていったおかげか。

ハーフは前半10kmを50分、15km通過が1時間15分、20km通過が1時間45分。

14kmあたりから足が完全になくなって、ペースが持ちませんでした。

これはトレーニングで10km以上走ってないのがやはり辛かった。

吸水なしで10km以上一気に走るのは正直リスクを伴うと思うので、10km走る→吸水→また10km走る のようなトレーニングを取り入れたいと思ったんですが、学生は時間が取れない。

来年秋頃に時間が取れるのであれば、覚えておきたいと思いますね。

しかし足が止まった以外は、10km50分ペースは全然息が上がらなかったので、トレーニングを積めば積んだ分だけタイムが上がりそうで楽しみでもあります。

あとは怪我をしないようにやっていくことですかね。

・運動前のストレッチを入念に(各15秒)する。
・走った後は銭湯行ってサウナで疲れを取る。
・疲労が残っていると感じた場所に湿布を貼る。
・寝る前にもストレッチをする。

この辺を欠かさないようにしていました。以前より筋肉痛も辛くなかったし、身体も少し柔らかくなった気がします。

というか今までががむしゃらに走りすぎていたなぁと少し反省しました。

2017

新年あけましておめでとうございます。

えー、7月から今度書こう書こうと思っているうちに、年越してました。

いやー2016年後半もいろいろありましたねー

忙しかったのは確かだけど更新する暇もたくさんあったのにねー

なんでだろうねー


原因を少し考えてみたんですが、これまでの自分はこのブログと同じように、ある用事からスケジュール帳を買ってその後放置していたんですよね。

予定が入ってもスケジュール帳に書き込む習慣がなかったのです。

なぜかというと、スケジュール帳を毎日確認する習慣がまずついていなかったから。

そこでスケジュール帳を毎日使うところから始めました。

当時の自分は生活リズムも乱れ気味だったので、起床、就寝の時間を確認してスケジュール帳に書き込むようにしました。
ついでにパソコンをシャットダウンする時間もメモするようにして、これで随分生活が改善しましたね。


ブログについても同じように改善できないかなと。

まず自分のブログを毎日見ていない時点で相当問題だと思いますが、出来る範囲から直していかなければいけませんね。

芦別岳

こんばんは。
予告通り登ってきました芦別岳。

出発が朝6時半、ピーク到着が10時半。
コースタイムは4時間半なので少し早いくらいだったか。
稜線に出たら奥にもう少し高い峰が・・・というのを3度くらい繰り返して到着。

山って登るのが好きな人と、降りるのが好きな人の二種類に分かれるそうですね。
登りはピークで見える景色や昼食、コーヒーブレイクなどを幸せとするのでしょうか。
僕らみたいな虫採りは山頂周辺にしかいない高山性の昆虫とかもですね。

下りは登りに比べてコースを早く駆け下りることができること、景色を眺めながら降りられること、風呂が近いこと(大事)などがあると思います。

僕は典型的登り派なので下りは風呂しか楽しみじゃないんですが、登るときも下りのことを考えると多少憂鬱ですね。
嶮しい登りほど『後でこれを降りるのか・・・』と思うタイプです。

体感を交えて書くので普段登らない方はイメージしにくいのかもしれませんが、下りは体力を消耗している上で坂道を降りるので、太腿に掛かる負担が半端ないんですよ。
アクセル踏み続けるよりブレーキをかけ続ける方が辛いんですね。

ですから山を下りるとまず太腿が筋肉痛になります。階段降りようとすると軽く死ねます。


話が逸れましたが、
DSC_0151.jpg
IMG_20160716_104047.jpg
無事に山頂を踏んできました。

お目当ての虫は山頂裏のお花畑にいるそうなので、山頂で飯食ってから探しにいくぞと。
もぐもぐしながら見下ろしていると花畑の一箇所に黒い影が。
『そういえば熊って茶色のイメージあるけど自然で見るとあんな感じで黒く見えるのかなー』なんて思ってたら
影が動いた!

羆だああああぁぁぁぁぁぁ!!!
DSC_0154.jpg

人生初、野生の羆に遭遇しました。
特にこちらに気づいた様子もなく、お花畑を掘り返した後は雪渓を渡ってどこかへ行きましたとさ。

皆割りと興奮してたけど怖がったりはしていなかったですね。
姿は見てないけど、昔小さな稜線の向こう側から木を削る音と吠え声を聞いた時の方が遙かに怖かった。
こちらを認識しているかどうかの違いなのでしょうか。

そして羆が去ったお花畑で虫を探しました。一般の登山者は正気じゃないと思ったかもしれません。

暫く草をかき分けて探す、探す。と・・・目の前を金属光沢に輝く何かが。
これは・・・アイヌキンオサムシ!
本来オサムシは地面にコップを埋めて落とす採集法を取るので、生態のまま見つけて採るというのはなかなか起こりません。
目当ての虫よりも珍しい体験をしてしまった・・・

採集も終わって2時半下山開始。もう山頂には誰もいません。すれ違う人もいません。
登ってきた道をひたすらに降りる。高低差1500m。
峰をいくつか越えているので上下動の量はもう少し多くなりますが、1500mってよく考えるとブルジュ・ハリファ2個弱か・・・
そりゃあ筋肉痛になるな。うん

そして帰り道、ひっくり返ったオサムシがいると思ったら踏みつけられたアイヌキンでした。
触角がまだ動いてたので今日踏まれた模様。足下注意。
DSC_0182.jpg

ところで死虫を出すのってこのブログ初だと思うんですが、自分は標本箱にピンで留められてる虫にはそれほど興味がなかったもので出さなかったのですが、最近標本を残すことの重要性も教わって標本作るかってことになってます。

翌日はまた別のちょっとした山へ。

目的の虫はこれ
DSC_0177.jpg
アラコガネコメツキ。

普通種のコガネコメツキを格好良くしたような感じで、強い金属光沢と羽の模様がお洒落です。
本州でも東北には分布してるみたいですね。

今回の虫採りはこんなところで。

次の予定では8月半ばにニセコへのツーリングがありますが、何かあればまた書きます。
ではおやすみなさい。
プロフィール

ds3898lik

Author:ds3898lik
流されやすい人間になってきました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。