スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶりです。

前の更新から10日ほど空きました。
やっぱり高頻度のブログ更新は長続きしない・・・というわけではなくて、

先週水曜くらいから熱が出て、数日寝込んでたんです。
その後休日に虫採りだとか平日はゼミの準備とかがあって、少し忙しかったんですね。

結局先月とほぼ同じ更新数に落ち着いたわけですが、来月は8記事以上目指して頑張りたいと思います。


とりあえず今回は虫採りの話など。

この時期の北海道で一体何が採れるの?と思う方もいると思います。

今回狙った虫は年中採れるんですけど、春夏はその時期限定の虫を取りに行く事が多く、冬は積雪で外に出るのは厳しいため、いつでも採れるという虫は秋にやることがしょっちゅうです。

2年前とかは釧路にゲンゴロウ採りにいったとかありましたね。

ただ、目的の虫は地中にいるため、三次元的な採集が必要です。
なんか格好良く言ったけど、要するに地面の表面を探し回るんじゃなくて土を掘り返して探すんですね。

当然土掘るほうが体力使うわけで、目当ての虫もそんなに大きな物ではなく、更にすばしっこいので見つけても取り逃す場合も十分考えられます。

で、まだ虫の名前を言ってなかったんですが、狙っているのはメクラチビゴミムシ、そしてガロアムシです。

メクラチビゴミムシ(通称メクラチビ)の方はそのあまりにも踏んだり蹴ったりな名前から話題に上ることもありますが、ガロアムシとはなんぞやという人は多いと思います。

そんな人はこういうところを参照。

うちのサークルではこれらの虫を狙った採集を年一回この時期に恒例行事として行うようになり、
自分は2回目の参加となります。

掘るのは沢の斜面で、地層が露出しており多少粘土を含んだような礫層です。

この地層選びが何より肝心で、いないところにはいくら掘ってもいません。
去年なんかは丁度いい感じのところがなくて、7人で1匹という悲惨な結果でした。


ただ、今回はいい場所に当たったようで、10人で20匹前後採れました。自分もガロアムシの幼虫2匹。

明らかに前日まで熱出してた人間がやるような採集じゃないんですが、無事に帰ってこれてよかったです。


思えば去年はもっと凄かった。
今回は日高の方だったんですが、去年は夕張で同じように掘ってたんです。
そしたら少し上に行ってたメンバーの一人が血相を変えて駆け下りてきて

「クマ出た!!クマ!!!!」
即刻中止でした。

※掘り崩した斜面は当分地下性昆虫の住めない状態になります。
 節度を守って採集しましょう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ds3898lik

Author:ds3898lik
流されやすい人間になってきました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。