スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/18予約投稿

さて、ご存じのように日本人の死亡率第1位は癌ですよね。
なぜ昔と比べて癌の発生率が上がったのか。

ある日生物の授業で免疫の仕組みを教わっていたときに耳にしました。
「免疫力は使わないと低下する」と。

ところで癌の実態は人体に悪影響を及ぼす細胞の塊ですから、本来免疫が働く対象のはずです。
若い人は免疫力が高く、そのような細胞を駆逐できる力を持っていて、
老人はその逆であるといえます。

老人の免疫力が低下している理由はなんでしょうかね。
老衰と言えばそれで終わるかもしれませんが、そこで先生の発言と繋げると
普段免疫を使わない生活をしているために免疫力が低下しているのではないでしょうか?

日本にインフラ整備が整ったのは戦後のことで、癌の発生率もその辺りから上昇していた気がします。
つまり手洗い、うがいなどの生活習慣が免疫に取って替わり、免疫力を低下させた結果、癌の発生率が増加したのではないかと。

関連があるとは言いきれませんし、証拠も何も無いただの仮説ですが、こういう考え方もできますよね。

もしそうだとするなら、人の人生って癌で死ぬか、他の病気で死ぬかの二者択一なんですかね。

因みに自分は手洗いもうがいもほとんどしません(ぁ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

私も受験シーズン以外は、ほとんど手洗い・うがいはしてません(爆


免疫の分野って結構面白いですよね。
予防接種とかの仕組みも分かりますし。

ただ、大阪○科大学の入試問題に「インフルエンザのワクチンが効かない理由を答えよ」ってのもあり、なーんか社会の裏が見えちゃったりする分野ですけどw


PS

戦後癌の発生率が上がったのは、人間が長生きするようになったからではないですかね?
戦前は、癌になりやすい年齢になる前に死ぬ人が多かったとか。

No title

私が一度も予防接種以外で
病院の世話になった事ないのは
不潔な生活をしてるためですね(

しかし、清潔に育てられた人ほど
アレルギーとかになり易いとの話を聞くと
癌の話も本当かも知れませんね
プロフィール

ds3898lik

Author:ds3898lik
流されやすい人間になってきました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。